So-net無料ブログ作成
検索選択

子育て マミーズマナーレッスン

またまた更新しない日々が続いてしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

亜央ももう10ヶ月半になりました[exclamation×2]
先日10ヶ月検診に行ってきましたが、体重8275g、身長68.6cmと標準的に成長しています。
全然食べなかった離乳食ですが、お正月過ぎてから突然食べるようになりました。
まだ食べる量は少なめですが、食べてくれるだけで十分です。
まだオッパイの方が大好きですけどね[たらーっ(汗)]
あと、バックしかできなかったハイハイですが、12月に入ってから前進するようになり、その後つかまり立ち、伝え歩きと一気にできるようになりました。
ハイハイできるようになったら智恵もついて来たようで、バイバイ、パチパチ(手を叩く)、おいしい(ほっぺを叩く)、いただきます&ごちそう様、おしまい(両手を合わせる)、オッパイ(手をグーパー)等ができるようになりました。
イタズラもたくさんで、毎日引き出しを空けたり、空気清浄機のボタンを押したり忙しそうです(笑)
P2090462.jpg


今月初めに、“マミーズマナーレッスン”に行ってきました[ぴかぴか(新しい)]

“マミーズマナーレッスン”とは(以下主催の方のHPより)
「お母さんとして」意識していきたいマナーについて学びます。
形や形式ではなく「心のマナー」です。
「こういうときにはこうするべき」と私が一方的にお伝えするのではなく、
座談会スタイルで、参加者の皆さんの中にある「大切にしたいこと」「子どもに伝えたいこと」
「思いやりの心」を引き出し、確認していく内容です。

今回は『0歳からのしつけ』をテーマに十数名のママ達と座談会形式で教えていただきました。
まず赤ちゃんの感情を育てるための声かけについて。
これは生まれた時から
お腹空いたね~。
おっぱい美味しいねえ~。
嬉しいねえ~。
寂しかったね~。
悲しいね~
等感情を表現する言葉をかけてあげることで、ありがとうやごめんなさいの言葉が自然に出せる子になるということ。
例えば、親に「ありがとうと言いなさい」と言われて言うのでは何となく機械的、でも自分が嬉しと感じたから自然にありがとうと言える子に育てると言うことです。

次にしつけ仕分け(事業仕分けみたいでしょ!!)
みんなで、子育てをしていてどうしていいかわからないこと等を出し合って、それを以下の3つに分類していきます。
☆言っても仕方がないこと。
☆今すぐ出来なくても、何年かかっても伝え続けるべき事。
☆厳しく言わなければいけないこと。

例えば
赤ちゃんが本能的にしてしまうこと→言っても仕方がないこと
食事中動き回る等→今すぐ出来なくても、何年かかっても伝え続けるべき事
ストーブを触ろうとする等危険なこと→厳しく言わなければいけないこと

この3つに仕分けてみると意外と簡単どうしたらいいかがわかるので、とっても楽になった気がします。
亜央は食事中に歩き回るようになっていたので、早速ちゃんと座って食べるようにしつけ中です。
講師の方が言うには、しつけは時間がかかるもの、出来ることから小さく変えていくとのことでした。
根気強く言い続けるといつの日か子供がわかってくれるそうです。
また「これってマズいのかなぁ」と気づく事自体が素晴らしいとおっしゃっていました。
世の中には、マズいと思う事もなく「だってしょうがないじゃん。子どもだし~やんちゃだし~
のびのびした子だし~」と諦めて子育てしているママもたくさんいるんですって。

しつけと言うと怒ったりしなければならないイメージですが、まったくそんなことはなく、将来、親や親戚からだけではなく、たくさんの人から愛される人間になってもらえるように親がしてあげられることなんですね。
愛情をたっぷりそそいで、愛される人間になってくれるように子育て頑張りたいです[exclamation×2]

レッスンをしてくれた講師の方も主催者の方も、小学生のお子さんがいる先輩ママでもあります。
お二人とも、子育てに携わったお仕事をして素敵に輝いているなぁと思いました。
尊敬するし見習いたい方たちです。
私も素敵なママになりたいです[グッド(上向き矢印)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。